ピコレーザーでの刺青除去に失敗してしまうケースって?

ピコレーザーでの刺青除去に失敗してしまうケースって?

刺青除去やタトゥー除去を行い、失敗をしたという人の話を聞くと、不安を覚える人もいるかもしれません。
では刺青除去やタトゥー除去では、どのような失敗のケースがあるのか紹介します。

 

まず失敗する原因は、症例の少なさにあると言えるでしょう。
例えばレーザー治療でも、レーザー脱毛であれば、確立された治療分野であり、利用者も多いので、医師や看護師も経験が豊富です。
そのため経験により技術力が培われているために、失敗が少ないと言えます。

 

対して刺青やタトゥーは、以前に比べたら入れる人も増えてきていますが、まだまだ一般的ではありません。
そして入れた人の全員が消したいと思う訳ではありませんから、刺青除去やタトゥー除去を希望する人の総数自体が少ないと言えます。

 

そのため医師や看護師も、それほど頻繁に除去治療を行っている訳ではないので、なかなか経験を積む事が出来ないのです。
さらに言えば、刺青やタトゥーは、人によって入れる部位やデザイン、皮膚への浸透具合などが大きく異なります。
そのため全く同じ施術ではなく、毎回異なる施術になるため、失敗が起こるリスクが高くなります。

 

従来のレーザー治療の場合の失敗例を具体的にあげると、出力レベルが高すぎて、肌にダメージが加わり傷跡が赤く盛り上がる。
レーザー治療を何度受けても、完全に消えていないなどのトラブルが多く見られます。

 

ですがこれらの失敗例は、ピコレーザーによって、起きなくなっていると言えるでしょう。
まずピコレーザーは、照射の速度が一瞬で色素を破壊する事が可能です。
そのため、肌にダメージが加わる前に、刺青やタトゥーを除去する事が可能です。
そして、色やデザインを問わずに、今までのレーザー治療では除去できなかった刺青やタトゥーでも完全に除去する事が可能だからです。医療機器の性能がアップしたからこそ、医師や看護師の技術力もあまり問われなくなってきています。